鯖街道で鯖寿司を食べる

ゴールデンウィーク前後の小旅行のネタを

小分けにして、ブログをアップしている まっつぁん です。

今回は、鯖街道をドライブしたお話です。

滋賀県高島市マキノ町のメタセコイアの並木から

湖西を南下して、高島市朽木へ

鯖街道のルートはいくつもあるそうですが、

福井の小浜から若狭そして高島市の朽木村を経て、京都の出町柳に至るのが

一般的に言われる鯖街道だとか。

峠道沿いには、ずらっと並ぶ “さば寿司” の文字の店

あと、お蕎麦もありましたが。

やっぱり、鯖でしょう。 ということで、お友達からのおすすめで

ほんとに、素朴な作りのお店へ

さば寿司といえば、スーパーのバッテラや

高速のSAなどで販売している 箱入りのさば寿司を想像していました。

入って、お品書きを見てみると たとえば

鯖寿司セット

焼き鯖寿司   一貫

生さば寿司   一貫

うどんもしくはそば

と・・・  えっ、一貫ずつって。。。

他の定食なども 焼きと生の鯖寿司が一貫ずつ

さみしいんじゃない。 と思っていましたが

やってきた 鯖寿司をみてびっくり

一貫が大きい! ミルフィーユ状態です!!

鯖も肉厚で食べ応えありあり。

こちらは、鯖寿司定食

一貫を侮っていました。

とっても美味しく頂きました。

お持ち帰りにも、一本購入。

鯖街道をしっかり体験しました。

というか、昔は歩いてたんですよね。

何日かけていたんだろう。。。

まっつぁん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です